森永デザート株式会社

メニュー

森永デザートのあゆみ

おいしくたのしくすこやかに

私たちは、『冷菓の製造』を通して、価値と感動をお届けし、社会に貢献できる企業を目指します。

森永製菓グループの沿革

1899年 明治32年8月
東京赤坂溜池に2坪の西洋菓子製造所を創業
1910年 明治43年2月
資本金30万円をもって株式会社森永商店設立
1912年 大正元年11月
「森永製菓株式会社」と改称
1925年 大正14年6月
鶴見工場新設
1961年 昭和36年6月
台湾製菓股份有限公司と合併会社設立(現・台湾森永製菓股份有限公司、連結子会社)
1965年 昭和40年3月
大和食品(株)を設立(現・森永エンゼルデザート(株)、連結子会社)
1965年 昭和40年8月
当社と米国ゼネラルミルズ社との合弁で森永ゼネラルミルズ(株)を設立
(現・森永スナック食品(株)、連結子会社)
1973年 昭和48年9月
森和商事(株)を設立(現・森永商事(株)、連結子会社)
1980年 昭和55年1月
森永デザート(株)を設立(現・連結子会社)
1987年 昭和62年4月
小山新工場完成(設立は1942(昭和17)年)
2003年 平成15年3月
摩利哪呷(上海)食品有限公司を設立(現・上海森永食品有限公司、連結子会社)
2008年 平成20年1月
(株)アントステラ(現・連結子会社)を100%子会社に持つ(株)ディューアソシエイツの株式を全株取得
(同年10月(株)アントステラが(株)ディューアソシエイツを吸収合併)
2008年 平成20年8月
米国森永製菓(株)を設立(現・連結子会社)
2010年 平成22年12月
森永食品(浙江)有限公司を設立(現・連結子会社)
2011年 平成23年4月
高崎森永(株)を設立(現・連結子会社)
2013年 平成25年10月
森永キノインドネシア(株)を設立(現・連結子会社)
2013年 平成25年12月
森永アメリカフーズ(株)を設立

森永デザートの沿革

1980年 昭和55年1月
森永デザート株式会社 福岡市に設立
1985年 昭和60年5月
会社を現在の佐賀県鳥栖市に移転
1987年 昭和62年4月
販売部門を森永製菓へ委譲
1998年 平成10年1月
HACCP認証取得
2001年 平成13年1月
ISO-14001認証取得
2002年 平成14年10月
グレーシャーライン導入
2008年 平成20年5月
ICE BOX 濃い果実氷設備導入
2015年 平成27年12月
ベストエコオフィスTOSU 認定
2018年 平成30年4月
FSSC22000認証取得